072-258-37779:30~18:30 / 第1・火曜日、毎週水曜日


不動産コラム

不動産仲介業を始めるための資格とキャリアアップに有利な資格

不動産仲介業は、多くの人が関わる重要なビジネスです。
不動産売買や賃貸の仲介を通して、人々の暮らしを支えるやりがいのある仕事と言えるでしょう。
この記事では、不動産仲介業に携わる上で必要な資格や、キャリアアップに役立つ資格について解説していきます。
ぜひ最後まで読んで、今後のキャリア形成に役立ててください。
 

□不動産仲介業を始めるための必要資格

不動産仲介業を始めるためには、いくつかの重要な資格を取得する必要があります。

1:宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸に関する取引を仲介する際に、法律に基づいた正しい知識と業務遂行能力を有していることを証明する資格です。
この資格を取得していない者は、不動産の売買や賃貸の仲介を行えません。
 

2:宅地建物取引業の免許

さらに、不動産仲介業を行う会社を設立する場合には、会社そのものが国土交通大臣または都道府県知事から宅地建物取引業の免許を取得する必要があります。
この免許を取得することで、会社は合法的に不動産仲介業を営めるのです。

不動産仲介業は、専門知識や高い倫理観が求められる仕事です。
そのため、誰でも簡単に始められる仕事ではありません。
しっかりと資格を取得し、専門知識を身につけることが、不動産仲介業を成功させるための第一歩となります。


□キャリアアップに役立つ不動産関連資格

不動産仲介業でキャリアアップを目指したいと考えている方は、宅地建物取引士に加えて、他の関連資格を取得することで、さらなるスキルアップや専門性の深化を図れます。
ここでは、不動産業界で役立つ資格を3つ紹介しましょう。
 

1:マンション管理士

マンション管理士は、マンションの維持管理、修繕、会計、住民とのコミュニケーションなど、幅広い業務を行います。
近年、マンションの老朽化が進んでいることから、マンション管理士の需要は高まっています。
不動産仲介会社は、マンション管理士の資格を取得することで、マンション管理に関する知識や経験を深め、顧客へのサービス向上に役立てられます。
 

2:不動産鑑定士

不動産鑑定士は、不動産の取引価格や賃料を算定したり、不動産の価値に関する鑑定書を作成したりします。
不動産鑑定士の資格は、不動産仲介業において、より専門的な知識やスキルを必要とする業務に携わる際に役立ちます。
例えば、不動産の売買や賃貸の仲介において、価格交渉や物件評価を行う際に、不動産鑑定士の知識や経験は非常に役立ちます。
 

3:土地家屋調査士

不動産の売買や賃貸の際には、正確な境界や面積の情報が必要になります。
土地家屋調査士は、不動産取引における正確な情報の提供を担う重要な役割を担っています。
不動産仲介会社は、土地家屋調査士の資格を取得することで、不動産に関する知識や経験を深め、顧客へのサービス向上に役立てられます。




 

□まとめ
 

この記事では、不動産仲介業に必要な資格として、宅地建物取引士と宅地建物取引業の免許について解説しました。
不動産仲介業で成功するためには、専門知識を習得し、常にスキルアップを図ることが重要です。
これらの資格を取得することで、専門知識を深め、顧客満足度を高め、さらなるキャリアアップを目指せるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして、あなたのキャリアアップに役立ててください。
当社では、家族みんなが笑顔で喜んで暮らせるお家、笑顔あふれるお家づくりを応援し、お客様が未来を共に歩める物件に出会えますよう、精一杯お手伝いさせて頂きますので、不動産の売買やリフォームを検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

 

新着コラム