不動産コラム

土地の境界線の確定測量の必要性と費用についてご紹介!

土地売買や建築において、正確な土地面積の把握は非常に重要です。
特に土地の正確な境界線の確定は、多くの法的・金銭的トラブルを未然に防ぐために必須とされています。
本記事では、なぜ境界確定測量を行うべきかその重要性と、境界確定測量を必要とする具体的なシナリオについて解説します。
 

□なぜ土地の境界線の確定測量を行うべきか?その重要性と必要な場面

土地の境界が不明瞭な場合、さまざまな問題が発生するリスクがあります。
たとえば、隣地との間での紛争、不正確な土地面積に基づく不適切な税金の計算、または建築基準法に違反する可能性があります。
以下に、確定測量が特に必要とされる具体的なシナリオを挙げます。
 

1:境界不明の土地

不明瞭な境界線を持つ土地では、所有権の主張が他の土地所有者と衝突することがあります。
確定測量により、明確な境界線を設定することで、このような紛争を避けられます。
 

2:土地の売買や建築前

土地を売買する際や建築を行う前には、土地の正確な測量が必要です。
これにより、土地の価値を正確に評価し、建築規制に則った計画を立てられます。
 

2:法的要件の充足

さまざまな法律、例えば建築基準法や土地利用規制法では、正確な土地の測量に基づく届出や申請が求められます。
確定測量を行うことで、これらの法的要件を遵守できます。
 



□境界確定測量の費用相場とその要因

土地の境界確定測量の費用は、その土地の特性や測量を行う条件によって大きく異なります。
一般的には、以下の要因によって費用が左右されることが多いです。
 

*立会いの種類

民民立会い(民間同士での立会い)と官民立会い(役所との立会いが必要な場合)では、手続きの複雑さが異なり、それぞれ費用も変わります。
官民立会いの方が、一般的に費用が高くなります。
 

*隣地所有者の状況

隣接する土地の所有者が多い、または遠方に住んでいる場合、立会いの調整や手続きが複雑になり、費用が増加します。

*土地の特徴

土地の面積や形状、地域の立地条件によっても、測量の難易度が変わり、それに伴って費用が変動します。



 

□まとめ
 

土地の境界線の確定測量は、多くの法的・金銭的リスクを避けるために非常に重要です。
この記事では、確定測量の重要性と必要な場面、さらには費用の相場とその要因について解説しました。
適切な測量を行い、土地の有効活用を図りましょう。
当社では、大阪府堺市の不動産購入はもちろん、注文住宅、住宅ローンのご相談や、不動産売却まで売買に関することを幅広くサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

新着コラム