不動産コラム

固定資産税がかからない土地の見極め方とは?税額を下げる方法をご紹介!

資産管理に興味がありながらも、税金に関する知識に不安を抱えている方々に向けて、今回の記事では固定資産税に関する重要な情報をお届けします。
特に、固定資産税が非課税になる土地の条件や、税額を軽減するための実践的なアドバイスについて紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
 

□固定資産税がかからない土地とは?

固定資産税がかからない土地についての理解を深めるため、いくつかの具体的な条件に基づいてその概要を紹介します。

まず、固定資産税が課せられない土地は、特定の条件を満たす必要があり、これらの条件は土地の性質や利用目的、所有者によって異なります。
以下、その主要な条件を紹介します。
 

1:課税標準額が30万円未満の土地について

このケースでは、土地の所有者が個人であっても、課税標準額が30万円未満であれば、その土地は固定資産税の課税対象外となります。
課税標準額とは、土地や建物などの固定資産の「固定資産税評価額」に基づいて算出される額を指します。
詳細な計算方法については、専門記事や専門家の解説が参考になるでしょう。

また、同一市内で複数の不動産を所有している場合には、これらの合計評価額が課税の基準となります。
そのため、複数の土地を所有していても、その合計の評価額が30万円未満であれば、固定資産税はかかりません。
 

2:国または地方公共団体が所有する土地に関して

国や地方公共団体が所有する土地、例えば公園や学校、病院などの土地は、公共性が高いため、原則として固定資産税が課税されません。
これらの土地は、日常生活の質の向上や社会の安全保障、教育の普及など、公共の福祉に直結する目的で利用されています。

そのため、これらの土地に対して固定資産税を課さないことは、公共の利益を促進するための政策的配慮に他なりません。
 

3:地方税法で定められた特定用途の土地について

墓地や保安林など、特定の用途に供される土地は、地方税法に基づき非課税の対象となることがあります。
これらの土地は、公共の利益や社会の安全、環境保全などに貢献する性質を持つため、固定資産税の課税対象外とされています。

特に、墓地や保安林は、地域コミュニティの安定や自然環境の保護に不可欠な役割を果たしており、その公共性を理由に非課税とされるのです。

 



□固定資産税を安くする戦略

固定資産税の免除が得られない土地についても、税額を軽減する方法がいくつかあります。
 

1:住宅用地の特例を利用する

住宅用地として利用される場合、固定資産税を最大6分の1に減額できます。
土地の広さや建物の種類によって減額率は異なります。
 

2:新築住宅の軽減措置を受ける

新築住宅の建築では、建物にかかる固定資産税が一定期間2分の1に減額される場合があります。
 

3:土地の有効活用を考える

賃貸物件やトランクルーム、太陽光発電など、土地を活用して収益化を図ることで固定資産税の負担を軽減できます。



 

□まとめ

固定資産税はその土地や建物によって異なりますが、非課税となる条件を理解し、賢く税額を抑える方法を実践することが重要です。
この記事が、固定資産税に関する不安を少しでも解消する一助となれば幸いです。

当社は不動産売却や買取に関するプロフェッショナルとして、お客様にとっての最善のご提案をさせて頂きます。
不動産の売却を検討されている方はぜひ当社までお問い合わせください。。

新着コラム