不動産コラム

ウッドデッキ設置が固定資産税に与える影響をご紹介します!

ウッドデッキの設置やリノベーションを検討する際、予期せぬ固定資産税の負担を避けるために必要な知識を得ることは非常に重要です。
この記事では、ウッドデッキを設置する際に直面する可能性がある固定資産税の問題について解説します。
また、ここでは、ウッドデッキ設置が固定資産税にどのように影響を与えるかについて、基本的な情報と具体的な影響を見ていきます。
 

□固定資産税とは?ウッドデッキ設置の前に知っておくべき基本

固定資産税は、土地、建物、償却資産を対象とする地方税です。
税率は通常1.4%で、課税標準額に基づいて計算されます。
ウッドデッキのエクステリア改修は、これらの資産価値に影響を与え、結果として固定資産税の額も変動する可能性があります。
 

1:固定資産税の計算方法

課税標準額は、土地や建物の市場価値に基づき、公的な評価で算出されます。
この金額に対して固定資産税が課せられます。
例えば、課税標準額が1000万円の場合、固定資産税は140,000円になります。
 

2:ウッドデッキの設置が影響するかどうか

ウッドデッキの設置が固定資産税に影響を与えるかどうかは、その構造と恒久性によります。





□ウッドデッキと固定資産税!設置が税額に及ぼす影響

ウッドデッキの設置は、家の快適性を高めるだけでなく、屋外空間を有効活用する素晴らしい方法です。

しかし、その設置が固定資産税に与える影響を理解することは、意外な財政負担を避けるために重要です。
簡易的な構造や移動可能なウッドデッキは一般的に固定資産税の対象外となりますが、より恒久的な構造は課税の対象になることがあります。
 

1:恒久的なウッドデッキ

恒久的に設置されたウッドデッキが固定資産税の対象となるのは、それが土地に恒久的に固定されており、取り外し不可能である場合です。
このようなデッキは、家屋の一部と見なされることがあり、家屋価値を高める要因となるため、固定資産税の評価額に反映されることがあります。
 

2:非恒久的なウッドデッキ

取り外し可能で、設置が一時的なウッドデッキは、固定資産税の対象外となることが一般的です。
このタイプのデッキは、設置と撤去が容易であり、通常は恒久的な構造物とは見なされません。



 

□まとめ
 

ここでは、ウッドデッキを設置する際に直面する可能性がある固定資産税の問題について解説しました。
ウッドデッキを設置する際には、その構造が固定資産税へどのように影響するかを事前に理解し、適切な計画を立てることが重要です。

当社は地域(大阪府堺市エリア)に特化した『街』の不動産売却のプロフェッショナルです。
お客様にとっての最善のご提案をさせて頂きますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

新着コラム