不動産コラム

一軒家の防犯強化!侵入窃盗に狙われないための基本と対策

家族の安全を第一に考える自宅保有者にとって、住まいの安全性は非常に重要です。
多くの方が自宅の安全を向上させたいと考えていますが、どのようにすれば良いのか、具体的な方法がわからないというのが現状です。
この記事では、侵入窃盗のリスクを理解し、効果的な防犯対策についてご紹介します。
 

□侵入窃盗に狙われやすい一軒家の特徴

侵入窃盗という犯罪は、犯人が家に侵入し、家財を盗み出す行為を指します。
ここでは、特に狙われやすい一軒家の特徴についてご紹介します。

1:留守が多い家

留守が多い家は、侵入窃盗のターゲットにされやすいです。
犯人は人の目がない時間を狙って侵入するため、住人が仕事で日中留守にする家は特に注意が必要です。
 

2:人通りが少ない場所

住宅地でも人通りの少ない場所は、犯人にとって侵入しやすい環境です。
通行人の目が少ないため、犯行に及びやすくなります。

3:セキュリティが薄い

セキュリティが手薄な家も狙われやすいです。
ドアの鍵が簡単なものであったり、窓に補助錠がなかったりなど、防犯対策が不十分な家は改善が必要です。




 

□手軽にできる防犯対策とその効果

犯罪を未然に防ぐためには、手軽にできる身近な防犯対策を施すことが重要です。
ここでは、家庭で実行できる効果的な防犯対策をいくつか紹介し、それぞれの効果についてご紹介します。
 

*ドアの強化

ドアは家への最も一般的な侵入口です。
そのため、ドアの防犯強化は非常に効果的な対策とされています。
 

1:補助錠を追加する

主な鍵(メインロック)に加えて、補助錠を取り付けることで、ドアが強固になります。
補助錠は、ピッキングやドアのこじ開けに対する抵抗力を高め、侵入にかかる時間を増やします。
犯罪者は時間がかかると見るや断念することが多いため、この対策は特に効果的です。
 

2:ガードプレートの設置

ドアの側面にガードプレートを設置することで、ドアが破壊されるリスクを減少させます。
ガードプレートはドアとドアフレームの隙間を覆うため、ドアをこじ開けることが困難になります。
 

*窓のセキュリティ

窓はドアと同じく、侵入のリスクが高い箇所です。
窓に対する防犯対策を施すことで、家全体の安全性を高められます。
 

1:防犯フィルムの貼付

窓ガラスに防犯フィルムを貼ることで、ガラスが割れにくくなります。
また、万が一割れた場合でも、フィルムがガラス片を保持し、犯人の侵入を遅らせる効果があります。
防犯フィルムは紫外線の遮断効果もあるため、室内の家具や床材の色褪せ防止にも役立ちます。
 

2:補助錠の設置

窓に補助錠を設置することで、外部からの侵入を大幅に困難にします。
補助錠は、特にスライディング窓や開き窓に効果的で、簡単に開けられないようにします。
 

*ホームセキュリティシステム

ホームセキュリティシステムの導入は、家庭での防犯対策を一層強化する方法です。
 

1:警報システム

ホームセキュリティシステムには通常、窓やドアにセンサーが付いており、これらが不正に開けられるとアラームが作動します。
また、多くのシステムにはモーションセンサーも装備されており、侵入者の動きを検知して警報を発します。

2:24時間監視サービス

多くのセキュリティ会社は24時間監視サービスを提供しており、警報がなった場合にはすぐに警察や警備会社に通報します。
これにより、住人が不在であっても家を常に保護できます。






 

□まとめ
 

一軒家の防犯対策は、日々の小さな心がけと技術的な対策の組み合わせによって成り立っています。
この記事で紹介した防犯対策を実践し、より安全な生活環境を実現しましょう。
それぞれの対策にはメリットがありますので、自宅の状況に合わせて最適な方法を選んでください。

当社は地域(大阪府堺市エリア)に特化した『街』の不動産売却のプロフェッショナルです。
お客様にとっての最善のご提案をさせて頂きますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

 

新着コラム