072-258-37779:30~18:30 / 第1・火曜日、毎週水曜日


不動産コラム

用途変更とは?確認申請の手続きと注意点を解説

用途変更は、建物の価値を高め、新たな可能性を生み出す有効な手段です。

しかし、法的手続きや安全性の確保など、複雑な課題も多く存在します。
この記事では、用途変更の基本知識から確認申請の流れ、注意点まで解説します。
スムーズな用途変更を実現するために、ぜひ最後まで読んでみてください。
 

□用途変更とは?その基本と重要性

用途変更とは、建築物の用途を変更することです。
例えば、コンビニをデイサービスに、マンションの一室を事務所に、といったように、建物の利用目的を変えることを指します。
用途変更を行う際には、確認申請が必要な場合と不要な場合があります。

1:確認申請が必要な用途変更

確認申請が必要となるのは、用途変更後の用途に必要な性能が、既存建物に備わっているかどうかに関係しています。
例えば、住宅から事務所への用途変更は、不特定多数の人が頻繁に出入りしないため、防火性や避難設備などの安全性が既存建物で十分と判断される場合が多く、確認申請は不要です。

しかし、住宅から店舗への用途変更は、不特定多数の人が頻繁に出入りするため、既存建物の安全性や設備が不足している可能性があり、確認申請が必要になります。
 

2:確認申請が不要な用途変更

類似の用途への用途変更の場合、既存建物の安全性や設備が十分と判断されるため、確認申請は不要です。
例えば、オフィスから別のオフィスへの用途変更や、住宅から住宅への用途変更などが該当します。
 

 


□用途変更の確認申請手続きの詳細

用途変更の確認申請は、必要な書類を揃えて、所轄の建築行政部門に提出します。
 

1:設計と調査

用途変更を希望する際には、まず、希望の用途に変更するためにどのような設計が必要か、建築基準法などの法的要件を遵守する必要があるか調査する必要があります。
この調査は、建築事務所や建築士などの専門家に依頼することをおすすめします。
 

2:確認申請書の作成・提出

設計が完了したら、確認申請書を作成し、所轄の建築行政部門に提出します。
確認申請書には、設計図面、仕様書、付近見取り図などの書類が必要です。。
 

3:審査と許可取得

提出された確認申請書は、所轄の建築行政部門で審査されます。
審査には、通常、数週間から数ヶ月程度かかります。
審査過程で、計画に関する指摘や修正が求められる場合もあります。
指摘があれば、建築事務所や建築士と連携して対応策を検討し、修正を行います。
審査を経て申請が承認されれば、「確認済証」が交付されます。

 

4:工事の実施と完了報告

確認済証が交付されたら、計画にしたがって工事を進めます。
工事が完了したら、自治体に完了検査を依頼します。
完了検査後、建築物が建築基準法に適合している場合は、「検査済証」が交付されます。
検査済証が交付されるまでは、建築物は使用できません。
また、飲食店や宿泊所などの特殊建築物として用途変更を実施した場合、消防署や保健所の検査を受ける必要があります。



 

□まとめ
 

用途変更は、建物の有効活用を図る上で有効な手段ですが、法的手続きや安全性の確保など、複雑な課題も多く存在します。
この記事では、用途変更の基本知識から確認申請の流れ、注意点までを解説しました。
スムーズな用途変更を実現するためには、専門家のアドバイスを受けながら、慎重に手続きを進めることが重要です。

当社では、家族みんなが笑顔で喜んで暮らせるお家、笑顔あふれるお家づくりを応援し、お客様が未来を共に歩める物件に出会えますよう、精一杯お手伝いさせて頂きますので、不動産の売買やリフォームを検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

 

新着コラム