072-258-37779:30~18:30 / 第1・火曜日、毎週水曜日


不動産コラム

水道負担金とは?支払いが必要なケースと金額相場を解説

住宅購入やリフォームを考えている方の中には、思わぬ出費が発生するかもしれないと言った不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。
今回は、住宅購入やリフォーム時に発生する可能性のある「水道負担金」について解説していきます。
事前にしっかりと情報収集を行い、無駄な出費を防ぎましょう。
 

□水道負担とは?水道負担金が必要な場合!

水道負担金とは、上下水道を使用するために必要な費用です。
具体的には、以下のケースで発生する可能性があります。

1:新築住宅の場合

新築住宅を建てる際には、上下水道の新規設置が必要となるため、水道負担金が発生します。

2:中古住宅購入時の例外

中古住宅の場合、すでに上下水道が設置されているため、水道負担金が発生しないケースがほとんどです。

しかし、以下のようなケースでは、水道負担金が発生する可能性があります。

・水道メーターが古い場合
・水道メーターの口径が小さい場合
・改造工事を行う場合

3:リフォームの場合

リフォーム時に、水道管の改修や増設が必要となる場合は、水道負担金が発生する可能性があります。

 


□水道負担金の金額とその相場

水道負担金の金額は、地域や工事内容によって大きく異なります。
ここでは、一般的な相場を参考に、具体的な例をご紹介します。
 

1:上水道加入金

一般的な口径13mmの場合、約33万円が相場です。
 

2:下水道分担金

地域により、15万円から30万円程度が相場です。
 

3:上下水道引き込み工事

道路が未舗装の場合、およそ20万円以下が相場です。
しかし、舗装された道路の場合は、50万円以上かかる場合もあります。

 

4:浄化槽設置

下水道の提供エリア外の場合は、合併浄化槽を埋設する必要があります。
その際の費用相場は、100万円前後と言われています。
 

5:井戸掘削

水道管が遠いなど、場合によっては井戸を掘削するケースもあります。
一般的に、深さ40m掘削した場合の費用相場は、約150万円と言われており、これにはくみ上げ用のポンプ代も含まれています。
井戸の場合、その後の水道代がかからないというメリットがあります。



 

□まとめ
 

水道負担金は、住宅購入やリフォーム時に発生する可能性のある費用です。
発生するケースや金額は、地域や工事内容によって異なるため、事前にしっかりと情報収集しておくことが重要です。
今回紹介した情報を参考に、予算計画を立て、安心できる住宅購入やリフォームを実現しましょう。

当社では、家族みんなが笑顔で喜んで暮らせるお家、笑顔あふれるお家づくりを応援し、お客様が未来を共に歩める物件に出会えますよう、精一杯お手伝いさせて頂きますので、不動産の売買やリフォームを検討している方はぜひお気軽にご相談ください。

 

新着コラム